キャバクラのボーイ必見!キャバクラの店長はどんな仕事をするの?

キャバクラのボーイになるからには、目指す先は店長以外にはありません。

しかし皆さんは店長のお仕事内容についてどれだけご存知でしょうか?

年収1,000万円を超える給料の高さは有名ですが、そのお仕事内容のについてはあまり知られていないようにも思います。

この記事では、そんな知られざる店長業務の実態をご紹介しましょう。

面接・営業・調理など多くの仕事をこなす

キャバクラには色々な役職がありますが、ボーイの最終目標となるのは店長です。

では店長は何をする役職なのでしょうか。

例えばボーイであれば、店内の雑務を中心をした業務全般を担当しています。

マネージャは、キャバ嬢の管理を中心に、人事面や管理面を主に担当することが多いです。

これでは店長には何も担当する仕事が残っていないように感じてしまいますが、そんなことはありません。

店長はお店の要になる重要な役職です。

店長は営業時間外に店舗の企画やイベントといったプロデュース面の方針を考えたり、エリア統括を担当する幹部社員と打ち合わせをして店舗の目標を設定したりしています。

また営業時間中は、人の足りないポジションに入ってお店を円滑に回せるようにお仕事をしなければいけません。

例えばホール担当が手一杯なっていたらお客さんの灰皿を交換したりキャッシャーや厨房での調理キャバ嬢のシフト管理や付け回し接客指導やメンタル面のサポートなど、なんでもこなします。

店長はボーイとマネージャーの両方の仕事を担当するのです。

ボーイ時代の経験が活きる

このように店長の仕事内容は非常に幅広く、多岐に渡ります。

そしてここで役に立つのが、ボーイ時代の経験なのです。

どんな店長でも、初めはみんなボーイから始めています。

ボーイの頃は、キャバクラに関するほぼ全ての業務をガムシャラにこなします。

マネージャーに昇格したら、キャバ嬢や他のボーイの管理を任されるようになり、お店の経営に関わるようになります。

それらの経験は、全ての業務をこなせる店長になるためには、全て必要なものばかりなのです。

たまにコネや、上司からの推薦だけで店長に昇格してしまった人もいますが、こう言った人をうらやましく思う必要はありません。

キャバクラのお仕事を経験しきらないうちに、肩書きだけ店長になっても、なんの仕事もできないので、結局長く続けることはできないからです。

ボーイからステップアップ!キャバクラのマネージャーって何?

キャバクラのお仕事に慣れてきたら、ボーイはマネージャーに昇格することができます。

キャバクラで働く男性にとって、マネージャーへの昇格は、本格的に稼げるようになる第一歩であり、これからもナイトワークを続けられるかの試金石になる、重要な出来事です。

この記事ではマネージャーのお仕事内容を詳しくご紹介したいと思います。

担当のキャストさんを持っている

まずボーイ時代とは違い、自分が担当するキャバ嬢を持つことになります。

お店の規模にもよりますが、4〜5人程度のマネジメントをする場合から、10人以上のキャバ嬢を担当する場合まで様々です。

また接客や店舗運営のための雑用がメインの仕事であるボーイとは違い、売上に対する目標が設定されるようになります。

担当しているキャバ嬢の出勤状態獲得した本指名の本数同伴の本数などなど、全て売上に直結するようなものばかりです。

ここで結果を出せずに、お店を辞めていってしまうボーイも多いといいます。

しかしマネージャーとして活躍することができれば、ボーイの時にはなかったインセンティブが給料に上乗せされるので、なんとか踏ん張りたいところです。

インセンティブの内容や基準は、お店によってまちまちですが、担当キャバ嬢があげた売上の数%といった場合や、指名本数や同伴本数1件につきいくらといったケースまで様々です。

出世の早い人なら、ボーイとして入店後、1ヶ月程度でマネージャーに昇格する人も珍しくありません。

キャストさんが働きやすいようサポート

マネージャーにとって1番大事なことは、キャバ嬢が働きやすいように最大限のサポートをすることです。

キャバ嬢がストレスを感じないように勤怠管理をしたり、モチベーターとしてキャバ嬢のメンタル面をサポートするために様々な相談に乗ったりすることもあります。

また新人や伸び悩んでいるキャバ嬢への、接客面での指導や営業の掛け方など、売上をつくるために不可欠な技術面をコーチすることも重要な業務です。

またキャバ嬢の給料面に関する面談も行います。

頑張るキャバ嬢には相応の待遇を示し、またそれぞれのポテンシャルに合わせた適切な目標の設定もマネージャーの担当です。

慣れないうちはかなり大変な思いをすることになるはずですが、将来店長として働くための予行練習をしているようなものですので、腐らず真面目に仕事と向き合うことをおすすめします。

店長までの第一歩!キャバクラのボーイって何をする人?

全てのキャバクラのボーイが目指す頂といえば店長です。

しかしその店長というポジションまで上り詰めるためには、ボーイの仕事から始めなければいけません。

この記事ではボーイの仕事についてご紹介していきたいと思います。

様々な業務をこなすボーイの仕事

ボーイはキャバクラにとって、縁の下の力持ちといえる重要な存在です。

直接的に売上を上げるのは、華やかなキャバ嬢の仕事ですが、ボーイはキャバ嬢が売上を上げる環境を整えることがメインのお仕事内容といえます。

つまりボーイがいなければ、キャバクラは成り立たないともいえるでしょう。

ボーイの1日はこのような感じです。

開店前

  • 開店の1時間以上前に出勤し、店内とトイレの掃除や備品の買い出しをする。
  • キャバ嬢の出勤管理などをこなしお客さんをお出迎えする準備を整える。

営業時間中

  • 来店されたお客さんのお荷物をお預かりし、テーブルまでご案内し、指名やオーダーをとる。
  • 注文されたお料理やお飲物を配膳する。
  • 灰皿の吸い殻や、ペールの氷の交換。

閉店後

  • 店内の片付けや、食器類の洗浄など。

このように、ボーイはお客さんが常に楽しく過ごせるよう気を配らなければならないので、非常に多忙なお仕事です。

ボーイを経て初めて店長になれる

ボーイとしての下積み時代を乗り切り、周囲の同僚やキャバ嬢からの信頼を得られたボーイだけが店長になることができるのです。

店舗全体の管理がお仕事内容となる店長は、ただ上司からの覚えがいいだけの人や、口ばかりで実力のない人には務まらないポジションといえます。

実際によくある話として、ゴマをすって店長のポジションについたものの、他のボーイやキャバ嬢が全くいうことを聞いてくれず、1ヶ月ももたずに降格してしまう、ということも珍しくありません。

どういった業態のお店であったとしても、ナイトワークは完全な実力主義の世界です。

中身が伴わない見せかけだけの人は、どれだけ出世したところで、すぐクビになってしまうことでしょう。

「千里の道も一歩から」という言葉があるように、一歩一歩着実に経験と実力を身につけ、真面目に仕事をこなす人にだけ、店長への道が開けます。

  • 1

Copyright © 年収1000万越えも!?キャバクラのボーイになって店長を目指す 2018 All Rights Reserved.